ごゆっくりお上がりください

輪島の朝市にお越しの際はお立ち寄りください。

母の時代に朝市組合に加入していますので、店前で朝市に出店しています。

主に箸などを販売しています。右隣りには花屋さん。左隣りには土曜日・日曜日になると、地元の高校生が先生と一緒に実社会体験授業の一環としてクッキーを販売しています。

そのほか店内にも多数ございます。

輪島塗は製造において29~37工程を要します。

木地の木口に麻布を竹ヘラで張る作業、即ち指先の腹で塗る布着せの手法。輪島市内の「地の粉山」から採掘された良質の珪藻土を蒸し焼き粉末にして精製した“地の粉”を生漆に混入して、塗る技法により製造しております。

重箱、お椀類、銘々皿、茶碗、盆類、お箸など生活用品を中心に商っております。

石川県の県木であり、又輪島塗の木地に使用しております档(アテ)材を店内の建材として、ふんだんに使用する事により、大変落ち着きのあるしっとりした風情をかもし出しています。杉より固く、変形せず、大変丈夫な木材です。

店内では普段使いのお箸から茶道具まで幅広く展示、販売しております。装飾用の遊びとして、廣瀬屋の道具であります提灯収納用木箱や祭礼に使用される大きめの提灯を吊り下げたりしております。

廣瀬屋漆器

ページの先頭へ戻る