ごゆっくりお上がりください

ごゆっくりお上がりください

「能登はやさしさや土までも…」の言葉がございます。朝市の女衆の呼び声・ざわめきの中、のとの風を感じて頂ければ幸いです。

坪庭に面した6畳間。壁には塗師蔵の湿風呂の戸を使用しております。
朝市散策中、お疲れになった時の為、お客様方に休憩所として、開放しておりますので、いつなりともお上がりください。


輪島塗の話をしませんか

廣瀬屋では、明治の頃から漆にたずさわっておりますので、現代ではまったく使用されない古いもの(生活用品・煙華盆・息など)が残っております。そんなモノを眺めたりしながら輪島塗りの話でもしてみませんか。

又、伝統芸能の盆踊り“三夜踊り”“夏の切籠祭り太鼓”についても多少の心得がございますので、そんな話もつれずれにお話しさせてください。

「茶の一服も差し上げますので、じんのびしていってくだしや。」

廣瀬屋漆器

ページの先頭へ戻る